横須賀市・逗子市・葉山町・三浦市を中心に不動産物件をご紹介。賃貸・売買はもちろん!!分譲、建築、リフォームまで行う総合不動産会社です。


営業時間/9:00〜18:30GW・年末年始以外年中無休
 相和地所トップページ > スーパーストロング構造体バリュー 


地震国ニッポンで家を建てるこれからの「安心基準」。
世界で起こる巨大地震の5回に1回は、日本で発生しています。
特に近年、地震が頻発し、家づくりにおいて地震対策は重要な課題となっています。LIXILの「スーパーストロング構造体
バリュー」は、耐震設計により一般的な木造軸組住宅の耐震性能を高め、万が一地震の揺れで住まいが全壊した場合も、
最高2,000万円まで建て替え費用の一部を負担する「耐震保証付き」で、地震に負けない暮らしをサポートいたします。
お客様が現在検討中の外観や間取りをそのままに、地震への安心をプラス。これからの「安心基準」として、ぜひご検討
ください。
   
スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」
その答えは、「耐震等級3」相当の設計にあります。
「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準上では、
極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」
としています。
   
「耐震等級3」は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性
スーパーストロング構造体バリューは、全棟で「耐震等級3」※1相当を実現しています。
※1「耐震等級3」相当とは、(株)LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、表示項目すべてを評価した住宅性能による
「耐震等級3」とは区別して表示したものです。
        
さらに、万が一の震災時も安心な耐震補償※2
万が一、スーパーストロング構造体バリューで建築した家が地震の揺れにより全壊
した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担します。

耐震補償の期間
耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。
※スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする損壊によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件のもとに、建替え費用の一部を負担します。(現金での補償は致しません)補償建物の条件、補償内容、最高限度額、免責事項等については、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款をご確認ください。
  
スーパーストロング構造体バリュー「耐震等級3」相当の強さの理由

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定です。
※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定です。

※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家と言えます。
建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様が一定です。
スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。


お引き渡しには、「設計検査報告書」をお渡しします。
お客様にお渡しする「設計検査報告書」には、各設計検査内容とその結果報告が詳細に記載されています。

耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」チラシ
耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」詳細(LIXIホームページ)
耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款(LIXILホームページ)

ご不明な点や金額等は、スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 
Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社 相和地所
神奈川県横須賀市汐入町2-39